ここでは、著者であるヨネダコウ先生のオススメシーンをその理由と一緒にご紹介いたします。

「Scene01

  • もしかしたらある意味1番ラブに近いシーンかもです。

「Scene02

  • 百目鬼のタメ口は妹以外で初めてです。

「Scene03

  • あの名曲を19歳矢代がカバー…じゃなくて(笑)客観的な事はさておき、矢代が自分をどう捉えてるかがわかるシーンです。